スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.07.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    江戸時代の大飢饉

    0
      1、寛永の大飢饉 寛永19(1642)〜寛永20(1643)年

      初夏の干魃(かんばつ 長い間、雨が降らないこと。)に加え秋の
      大雨など全国的な異常気象と洪水が原因。
      秋田では8月なのに霜が降りたという。
      全国各地で餓死者が出た。


      2、元禄の大飢饉 元禄8(1695)年〜元禄9(1696)年

      東北地方を中心とした冷害(やませ)で、収穫量が例年の3分の1
      に落ち込んだ。
      死者5万人といわれる。


      3、享保の大飢饉 享保17(1732)〜享保18(1733)年

      前年からの悪天候に加えて冷夏のため、ウンカ(稲の汁を吸う害虫)
      が大量に発生した。稲は壊滅的な打撃を受け、人口の1割に当たる
      256万人が飢えに苦しんだ。


      4、宝暦の大飢饉 宝暦5(1755)年〜宝暦7(1757)年

      東北地方で大飢饉。餓死者6万人。東北の人口3分の1にまで減少。


      5、天明の大飢饉 天明2(1782)年〜天明7(1787)年

      大雨に加えて浅間山の大噴火が3カ月も続いた。
      噴煙(ふんえん)や火山灰が降り注ぎ関東地方にまで及んだ。
      凶作が5年続いた。
      続いてアイスランドのラキ火山が噴火し、世界規模でのエルニーニョ
      現象による冷害が発生。全国で90万人が死んだ。


      6、天保の大飢饉 天保4(1833)〜天保10(1839)年
      20万〜30万人が死んだ。
      幕府や各藩とも「お救(たすけ)小屋」などを作って救済に当たった。
      救済者は70万人を超えたが、救い切れない人も多かった。
      夜逃げや餓死者のために空き家となる家が多かった。
      これで幕府が倒れた。

      個人備蓄の時代 副島隆彦より

      以前の日本は飢えとの闘いでもあった
      これを知り、備蓄や食料の大切さ再認識したい。


       

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.07.16 Monday
        • -
        • 21:19
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        プロフィール

        profilephoto
        こんにちは。40代の会社員(男)です。 おとなしかった自分がある出来事がきっかけに おしゃべりになってしまいました。 このつぶやきは少しでもそれを解消できれば と思い書いております。なのでつたない文章では ありますが気に入ってもらえたらうれしいです。       40にして迷わず と孔子は言っておられますがまだまだ未熟な自分でありますので すこしでもましな人になるをテーマに生きております。 それに少しでも役立つ内容にしたいと思っております。 よろしくお願い致します。

        カレンダー

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>

        ハロー!でつながるWeb広場

        最新の記事

        カテゴリー

        月別更新一覧

        recommend

        リンク

        profile

        サイト内検索

        others

        携帯用 QR コード

        qrcode

        PR